発送メール


                    季節は新緑薫る5月も半ば 日差しが強まり  クラッ 見上げれば眩暈が襲ってくるほどの蒼穹
                    暑い 暑いぞ 夏は得意だったあの日も昔 だんだん苦手となりつつあるのはなぜだろう

                    「おいっ~~す 何やってんだよ」
                    「んーーーー暑いなってさ オレ 最近暑いと具合が悪くってさ」
                    「そうだな 顔色悪いぞ 青いようでもあり白茶けているようでもある」
                    「だろ?これから猛暑を考えるとやんなるよ」

                    ふたりはぐちぐちと愚痴りながら歩いていると向うから

                    「あんにょん はあはあ・・・・・・・」
                    「お前もひどい顔色してる どしたん?」
                    「生活に支障をきたすほど だるいんだよ ほら」 よろよろっと座り込む
                    「おい・・・あれ?おれもなんだか」 といいながら木の幹に手をかける 「どうしたんだ・・・・・」

                    3人が木陰でぜいぜいしているとまたまた仲間がやってくる けだるげに

                    「おっおまえたちもかっ 俺たち全員あるシンドロームにかかっているんだよ」
                    「え?なんの?」
                    「汗 かかないだろ?そうだろ?」
                    「そういえば・・・・・・そうだ 最近 汗を拭った記憶がない・・・・・・」
                    「そうなんだ 俺たち汗をかくことをわすれてしまったんだよ だから具合が悪い」
                    「やだっどうしたら治るの?おせーーーてっ」
                    「いや 残念ながらまだ治療法は不明だ だから 俺たちで会を結成し この苦しみを世間の人に認めてもらおう」
                    「そうだっ こんな苦しみを 怠けンぼ と言わせていいのかっはあはあ・・・」
                    「はあはあ・・・そ そうだーーーーーー
                    「名づけよう 理解されるために オレは 汗をかかない悲しい奴 『不汗党』と命名するっ」
                    「おっいいぞーーー『不汗党』万歳ーーーーーーー」
                    「おーーーー『不汗党』万歳ーーーーーーーーー」
                    「汗を 汗をかきたいよーーーーーーーーー」
                    「俺たちの青春は 終わりなのかーーーーーーーー」
                    「汗を もっと 汗だくをーーーーーーーー」

                    そして 彼らは島の病院へと向ったとさ 「ミンギソ先生なら治せるに違いない」


                    ちっちがうーーーーーーーーー




                    もうおわかりですね 不治の病に似た経験をまたまたしているところであります 「不汗党」 それは
                    「プランダン」 で ありますーーー

c0095847_12412776.jpg
c0095847_12414744.jpg



                    いま10話見終えたところなんですが もーーーーーーヒョギってかっこいーーーーーーーー
                    こういう詐欺師がなんて似合うことか ときどきダサい服を本人かっこいいと思い込んで着てるところも
                    またいいんですっ ヒョギは万年少年のような雰囲気の持ち主 すねて ごねて 泣いて 甘える
                    30歳を過ぎたナムジャが病的なほどかわいいんです なんちゅう魅力なんだろう

                    結婚されたので 問題外にしようかと思っていたのに オジュンにまんまとはまらせていただきました
                    わたしってこういうタイプに弱いのよね~~~~強気で内省 ヒョギがうまいんですよ この表現が
                    「ありがとうございます」のミンギソもよかったけれど オジュンはヒョギしか出来ない
                    こりゃあ 「いかさま師」 ん?詐欺師もいかさま師も同義語では?「いかさま師」も見なくちゃ

                    映画の「いかさま師」 は スンウくんが かわいいけれど キムヘス姐さんにくわれちゃってましたからね
                    まだ 未熟なのよ ヘス姐さんに立ち向かうのは ヒョギだったら大丈夫だったかもね


                    わたしは好き嫌いが激しい人間なので あまり人には「これがいいよ」と薦めることはしません
                    だって 主演している俳優や女優でまったく受け付けない いいドラマだ いい映画だ といわれていても
                    この第一段階でフリーズしてしまうことが多いから インソン ドンウォン ジフニといった好みの流れで
                    ヒョギやチョンミョンくんは異質ですからねえ 事実 なんでヒョギかなあ なんて思うことがあります
                    でも ヒョギの魅力はわたしには ミツバチにとってのアカシアの花 みたいなもので ドラマを見れば
                    間違いなくノックアウトされてます そして 病気のように ヒョギーーーーーーって騒いじゃう

                    イダヘちゃんもかわいくって好きだし すごく久々に見た彼

c0095847_13154067.jpg

                    ホンギョンインくん 子役出身らしいですね ちょい役はちょこちょこみたりしてましたが イイコって感じ
                    今度もいいやっちゃな~~~です 童顔のせいか「くん」なんて言ってますが
                    ヒョギと同い年で「大望」以来の親友なんですって



                    ヒョギには子供がよく似合う ボミの次にはスンデちゃん
c0095847_1321951.jpg



                    脚本家のキム・ギュワンは「春の日」「愛してると云って」「ピアノ」など インソンくんとの繋がりも
                    あるのね~~~とにかくいま めちゃくちゃはまってます








                    すっかり忘れていたんですが 予約していた「サンファジョム」DVD 発送メールが今きていました~~
                    「M」はメール貰った日から2日目に届いたので来週には届くかな

                    なんだか すっかり過去のことになっている感があります それほど強かった「アンティーク」
                    有頂天になれるネタを探して楽しんでいても 心のどこか一点が いつも悲しい
                    でも 愛するふたり インソンくんとドンウォンくんの夢の2本立て 「M」と「サンファジョム」やっちゃるでーー

                    どちらが先かと言えば うーーん 迷うなあ 先に重いの持ってくるか 重いから後にするか
                    贅沢な悩みです

c0095847_13354776.jpg

c0095847_1337786.jpg






                    メールをいただいていたのでのせます 牧師さんがインソンくんのインタビューを読んで
                    思い至ったことが 文章の中にあったようです 入院したことで 韓国の記事は少々バッシングめいた
                    とも取れるような内容も見かけました 俳優なんて甘ちゃんでチャラ男 みたいな むっきーーー
                    ときましたけど こうして考えていてくれるなんて うれしい限りでした



                    ”俳優チョインソンがいる。彼は去る3月に入隊した。入隊前にヘラルド経済とインタビューをした。
                    彼はインタビューの途中に一度も「よい俳優になりたい」とは言わなかった。「良い大人になりたい」と
                    繰り返し念を押した。記者は、良い人間になろうとする熱望は、良い俳優になる原動力になるだろう、
                    と評価する。「なぜ女性ファンに人気があると思うか」と問うた。「善良そうに見える、そんなようだ。しかし事実は違う。
                    わたしは恥じもあり不平不満も多い。わたしが懸念することはファンたちがわたしの実像を知ったら失望するのでは
                    ないかとという点だ。それでわたしににはもっと厳格なジャッジを突きつけて、他人には寛大になれるよう努力する」

                    どうして27歳の俳優がこんな成熟した考えをすることが出来るのか気になる。
                    考える人はどこまで成長するのか、誰も予測できない。” 考えるクリスチャン 09・5・13国民日報





                    ファンミでインタビューでしきりに強調していた「良い大人」 本当にどうしてこういう定義をしたのか
                    わたしも 不安になりました 「世の中には悪い大人がたくさんいます」って 悲しそうに言ってましたよね
                    なにがあったのか どうしてそんな発言をするのか インソンくんの身におこったことなのか
                    一般論としての言葉じゃないですよね 己に言い聞かせているのか それとも すべてのボクを受け入れて
                    という 悲鳴に近いのか 

                    クサナギくんのことがあり 「いい人」であることのプレッシャーがどれだけチョインソン自分自身を蝕んでいるのか
                    重ねあわせてしまいます 虚像がより強大に投射されればされるほど 自分を知る自分がその差異を
                    埋めていくことすらできなくなる このファンのもつエゴイズムは やはりいけないことなのでしょうね
[PR]
by tanasukimaa | 2009-05-15 15:02 | チャンヒョクさま
<< 5月16日 砂浜 >>