コピキュラ


                   コピプリはもう古いっ 今のトレンドは断然コピキュラよっ

                   昨日も湿気がひどかったけれど 熱いっ蒸すっ となんだか肉まんめいたようなことになってる今日
                   そんな時 一杯の清涼剤のようなドンウォンくんでcool down
                   夏という季節に反抗するかのような秋冬仕様 こんな反逆行為が許されるのはドンウォンくんだけです

c0095847_12233561.jpg


                   だ だれよーーーーーーーーーcool downなんてしないじゃないのーーーーーーーーーー
                   テンションも モーションも 上がりまくりじゃないのよーーーーーーーーー

                   とは言うものの よっく考えたら ドンウォンくん サーモグラフィで観察すれば ない ないわ~~火の気が
                   じゃなく 熱いところを示す暖色地帯←変換最初やばいことに が全くないわ~~~~~~
                   みんな寒色地帯なのよ~冷え冷えしてる~~~~低血圧をとおりこしすでに異形のものになっているんだわ~~


                   救急車で病院に運ばれたとします 医師「きゃあ 脈がない もう心肺停止じゃ」 ドンキュラ「生きてますけど」
                   医師「ええ?じゃ体温を測ります きゃあ 冷たいっ」 ドンキュラ「いつもこうなんですよ 寝床は冷蔵庫ってね」
                   医師「はあはあ 血液検査・・・・・ぎゃあっ透明だーーーーー」 ドンキュラ「リコピン摂ってるんですけどねえ」
                   医師「キミッわたしの愛人 じゃなくって研究させてくれないか」 ドンキュラ「医者っておんなじことしか言わないんだな」
                   医師「たのむっ金はいくらでも」 ドンキュラ「金金ってつまんない事を ボクが欲しいのは・・・・・」

                   シャーーーーーーー看護士「先生 カーテン開けますね なんか冷えちゃって」

                   医師「あ 消えた・・・・・・・・・・・・・・・」

                   この後 医師はドンキュラハンターとなり旅立ったという 「マイ cool ドンやあい~~~~」





                   WANTED
c0095847_12411160.jpg

                   あり?もう見つかっちゃった?





                   ‘美男’カン・ドンウォンが魔性の‘コピキュラ’に変身した

                   ドラキュラが血を渇望することと違いカン・ドンウォンが演技する‘コピキュラ’(コーヒー+ドラキュラ)は
                   コーヒーをむさぼる。 CFの中で暗い中世大邸宅を背景にした女性がカン・ドンウォンの魅力に取り付かれて,
                   武装解除されたまま横になっている。 その女性の胸にコーヒー一筋が流れてカン・ドンウォンが
                   強烈に凝視して近付く。 しかし日光が突然入ってきて‘コピキュラ’カン・ドンウォンが煙に変わって行く。
                   夢幻的なCF全体の雰囲気がくらっとするほどエロチックだ。

                   CFが公開された後数多くの女性ファンたちは“CFの中女モデルがとてもうらやましかった”
                   “カン・ドンウォンがドラキュラになって現れるならば抵抗できない”等の反応を見せた。






                   抵抗なんてするはずないじゃない むしろ待ち伏せ
                   来たらわたしのたくましい筋力を発揮し もちろん文字通り捕獲っ幽閉
                   みんなに見せて自慢したいーーーーーーーどうよっ この美獣ぶりはっ 
                   鑑賞に値するけど コレクターというものは 根がケチ 自分だけのONLY ONEとして 日々・・・・・・・・・・・

                   こほん まあ ってなことをして楽しむんですね~~~~






c0095847_13171584.jpg


                   それにしても ため息ばかりの美しさ ブログなんでしょうけど スタッフレポなのかしら  


                   http://blog.naver.com/october2075/130051476872

                   私たちはいつも新しさを追求する。
                   その新しさが創作に対する限りない滋養分になったり,が業を選んだという人生に対する限りない
                   後悔したりもする。
                   しかし時計針がカチカチ音がして次にに向かって,歩みを移すように,新しい試みは
                   オンエア(on-air)なる瞬間までずっと続く。

                   今回のフレンチカフェのTV-CFのテーマは‘のどの渇き’だ。
                   のどの渇き,誘惑に対するのどの渇き,中毒に対するのどの渇き,そののどの渇きの大相異の人である事も
                   あって,あるいは私たちが広告を出す製品でもある。
                   重要なのは二つのうちに一つでもかかればサンキュ!

                   悩んでいる製作陣にのどの渇きに対する太い綱を下ろしたことはまさにドラキュラ伯爵.
                   彼の悪魔的な内面に適切なエロチシズムを血と女に対するのどの渇きを描き出そうと思った。

                   事実,モデル カン・ドンウォンが持っている魅力を十分に発揮するならば,ハンサムでシャープで素敵な彼の
                   姿に女性らの母性を刺激できる同誠心も誘発して出すことができないだろうかと思う風もあった。

                   “天井は低く,遠く見える所,そちらがどこだが?”誰も分からないその空間を作るために家でもなくて,
                   外でもない4次元(?)空間を作った。

                   家のようで,野外であるような気もしてPPM過程ですでに図面で公開になったセットだったが,
                   作られたセットの規模と錯覚現象(?),そしてヤルタムンノルラウムそれ自体であった。
                   見積もりに対する驚きも忘れることはできない。



                   セットはその高さ調節が可能にさせた。
                   舞台装置をおろすほどその幽玄なことはより増したし,8頭身スタイルを持っているカン・ドンウォンの
                   シルエットとチョファドェオセロウンビジュアル(visual)を作り出した。



                   “カメラだけ突きつければ,絵だ”人々の感歎詞があちこち流れて出た。
                   男たちの時期混ざったまなざしを一人で流して送ったし,女性の方らは私心混ざった目で彼を眺めた。
                   モデル カン・ドンウォンに個人的には事実何の感情がなかった。
                   だが今回の撮影を進行して,彼の姿に本当に多くのことを学んだ。


                   撮影は長時間続いた。 一日撮影というが‘無パク2日’に次ぐ強行軍にかんしゃくと疲労に苦しめられた
                   のに終わるその瞬間まで進行に対する不満は全くしなかった。
                   お金の力か? 違う。 そうではない多くの人々を見た。


                   今回のCFの監督を引き受けて下さったファン・ポムソン監督様...
                   カン・ドンウォンの疲れるとは思わない演技に感心したとすれば,この方の消えるとは思わない
                   創作熱も十分に想像を超越する。
                   またこの方のディテールは誰も付いてくることができないだろう。
                   (もちろん個人的な考えだが)細心で繊細なタッチはTV-CFはもちろん切られていった多くのカットに埋めていた。

                   映画トゥワイルライッを見れば以前の悪魔的なヴァンパイアとは違って自身の女に対する愛と
                   罪悪感で葛藤する人間的な某襲衣ヴァンパイアを見られる。 事実,90年代初期コッポラ監督の映画で
                   同情心を誘発するヴァンパイアをお目見えしたのがほとんど始めならば,始め.
                   典型的な悪魔,ヴァンパイアよりは人間的な弱気さを持っている,それで人間の前に,自身の致命的な
                   恥部の前に葛藤するペムパイオガイジェは私たちにさらになじむように近づくかもしれないことだ。

                   今回のCFでヴァンパイアであることを最大限拒否するヴァンパイアを描いた。
                   目も真っ赤に変わらないで,凄じい歯も突然に育たない。
                   ただし,自身が持ちたい,あるいは飲みたいどんなもののために日光に露出することまで拒まない
                   人間的なヴァンパイアだ。
                   カン・ドンウォンはその役を100%消化させてくれるただひとりのモデルであったし,
                   その考えは今でも変わることがない。



                   撮影は翌日9時程度に終わった。
                   モデル カン・ドンウォンも,監督も,疲れて,疲れたがフィルムに含まれた素敵なカットらに慰労されて撮影会場を出た。








                   素敵なレポですね~~~引き込まれてしまいました
                   もちろん
                   ”カン・ドンウォンはその役を100%消化させてくれるただひとりのモデルであったし,
                   その考えは今でも変わることがない”
                   は グラカジロッカーのように激しく頭を上下させての同意事項です 誰が代わりにできる?
                   インソンくん?うーーーん いいんだけどね チョンミョンくん うーーん 彼は個人的にブラピ似だと
                   思っているので いいかなあ でも ちょっと違う



                   こんな噂が とうの昔に栄え いまは人の端にも上らず 静かにひっそりと暮らしているあの子たちの
                   所にも聞こえてきた



                   「ポーの村では 薔薇を食べますのじゃ」 白薔薇ちゃん 黒薔薇ちゃん どっちを食べる?
                   答 白薔薇ちゃんでしたーーーー違うだろっ


                   エドガー「なんかさあ 新種が生まれたんだってさ ほら ネットに出てる」
                   アラン「やだっ最大限拒否するヴァンパイアって 目も赤くなく犬歯もないって 当たり前じゃんね」
                   エドガー「そんなのあったら都会にいけないし なんたって耽美的じゃないよな」
                   アラン「そうそう 美しい選ばれし者だけがなれるのに おっくれてるぅ」
                   エドガー「どんな顔してるのかな 僕たちより美形?」
                   アラン「っなわけないじゃん きっとぶりぶり←?してるんだよ えっと 場所は遠いね 韓国だって」
                   エドガー「ボクが訪れたのは・・・・・・高句麗の朱蒙王のころ 仲間にしようとしたけど趣味が合わなくってね」
                   アラン「へーーー昔だねえ キーワード ”黒””美形””細い””寝そべる”」
                   エドガー「なに その”寝そべる”ってのは」
                   アラン「ばかだなあ 美形ってのはカウチ及びソファなどで寝そべってこそ美をいかんなく発揮できるんだよ」
                   エドガー「ははあ」
                   アラン「古今東西の美男につきものさ ”ワイン” えっ?ルネッサ~~ンスだって」←アホな上に古っ
                   エドガー「まだ検索できないの 朝になっちゃう って 僕たち進化系だから日差しもだいじょうV」←オヤジ臭っ
                   アラン「よしっでたっ」



                   ようこそ 「ビニキュラ」です 
                   すべてのキーワードをくりぬけ 「ビニキュラワールドへ」おこしやす
c0095847_1346087.jpg




                   なにかがちがっている・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でもこのビニ かわいいわ~~~~



                   エドガー「この人なの?確かにワインもって寝そべってるけど バスタブ・・・・・・・」
                   アラン「韓国じゃ ありがちらしいよ 待ってもうイッチョ」

c0095847_13491667.jpg


                   エドガー「きゃああーーーーーーーーーーーー」
                   アラン「「なにこれーーーーーーーーーーー」
                   エドガー「いくぞ韓国 いって教えを乞うんだっ」
                   アラン「そうだねっそして謝まらなきゃ」←なぜ
                   エドガー「コピキュラ?かわいいね 早く行って血を吸ってもらおう」
                   アラン「ねえねえ 血を吸ってもらったら大人になれる?こんなすらりとしたかっこいい兄さんになりたいよ」
                   エドガー「わからない そういえば僕たち子供だったっけね ああ 身長が欲しいーーー」
                   アラン「足が長くなりたーーーーーいっ」

                   と叫びながら ふたりはポーの村を後に 新貴種コピドンキュラのもとへ飛んでいったとさ
                   会えたかな?
[PR]
by tanasukimaa | 2009-06-23 14:51 | ドンウォン君
<< 6月23日 ありがたいわ~~~ >>