記事毎日更新中~~


                     ドンウォンくーーーんーーーーいっぱい出てるのはいいんだけど 追いつかないよ~~~眼が痛いよぅ~~


                     2年私の生涯最も激しい時間

c0095847_13373865.jpg


                     昨日と内容は同じなんですが最後に


                     ▲トップスター熱愛説うらやましい
                     “私は大衆芸術をする人よりは純粋芸術家側がさらに合いそうです。
                     私があまりにも自分世界が明確だから,相手もそのようなスタイルならば良いよ。
                     内助が上手な人よりは性格が似た人に会いたいです。”



                     おーーーほっほっ オモオモ~~わたしのことかしら~~~~条件に当てはまるじゃありませんか~~~
                     なぜって 純粋芸術家=妄想狂ってことなのじゃありませんの←こんなバカはほっときましょう






                     '戦友分'カン・ドンウォン"私生活露出? そんなことはないでしょう"

c0095847_13571870.jpg


                     演技者カン・ドンウォン(28)は話になじまない。 いや。 言うことを楽しまないという表現が適合する。
                     それで常に気がかりなことをかもし出すかもしれない。 ファッションモデルで始めて,去る2003年演技者で専業して出て,
                     今までずっとそうした。 各種マスコミを通じて,気兼ねなく自身を表わすよりは。 作品後から隠遁したことが多かった。

                     来る23日‘戦友分’の封切りを控えても似ている。 見知らぬ人を前に置いて映画を知らせて自慢するのに若干は
                     下手に見えた。 しかし故郷の慶尚道(キョンサンド)なまりの抑揚が時折にじみ出る一言一言には真心が染み出た。
                     都会的な容貌とは違い, ‘村の人’特有のアナログ的な感性が感じられる大きな課題でもある。
                     去る9日ソウル,三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで彼に会った。




                     -スクリーンでかなり久しぶりに会う感じです。

                     2007年10月に開封された‘M’以後2年だけでしょう。 今年でデビューして7年目なのに。 その間ドラマまで含んで,
                     全11編の作品に出演しました。 休まないでこまめに仕事をする方でしょう。 ところで‘戦友分’の撮影を控えては
                     シナリオが完成されることを待って,初めて6ヶ月ほど休息を取りました。

                     -休む間どのように過ごしたのか気になります。

                     その他も学び。 木工芸も学び…. 自ら忙しく生きました。 周囲の人々に話さないからそうであって….
                     私は本来一人でもよく遊びます(笑い). 誰がそばにあれば少し不快な時も多いよ。 あれこれしていれば時間も
                     良く過ごすけれど。 あえて他の人々と付き合わなければならないがしたくて,一人でいる時間を楽しむほうです。

                     -一定部分私生活露出を許諾するつもりはないですか?

                     ふぅ。 私が一番気兼ねする部分で最も妥協したくない大きな課題でもします。
                     デビュー超ドラマ‘1%の奇跡’に出演した時でした。 放映終了を記念するパーティ会場にファンたちが予告なしに
                     訪ねてきて,私の名前を連呼してサインを要請するのに恥ずかしくてしかたなかったんですよ。
                     本当にネズミ穴でもあれば隠れたい心情でした。

                     -大部分の芸能人ならば格好良くサインもして写真も共に撮るのが一種の礼儀であるもようしたいのですが。

                     それが体質上あまり荷が重かったんですよ。 ‘私が果たして人々にサインをしてくれるほどの資格があるか’
                     したくて,あちこち避け通して結局後ほどにはテーブルの下に隠れることさえしましたよ(笑い).
                     行事が終わって話を聞いてみるからファンたちがそのような私態度に非常に失望したといいましたよ。
                     基本的に私は人々が気楽に接近すれば非常に不快がっておじけづく性格です。

                     -この前本意と関係なしで故郷家がマスコミに公開されたりもしましたよ。

                     その仕事のために私はもちろんで家族らも途方もないストレスを受けましたよ。 いっそ自分の家ならばその程度の
                     公開はいくらでも甘受できるだろうが。 マスコミに出てきたつかんだ私どもご両親と姉が住む所ですね。
                     その上報道内容によれば去る2年の間その家を作るのに私が多い努力を傾けたというんだから。
                     全く事実でない内容ですね。 エヒュ…. 本当に大変です。

                     -後にでもカン・ドンウォン氏が家族と共に放送に出てくることは期待するがやめなければなりませんね。

                     絶対にそんなことはないでしょう。 私はもちろんだが家族. 特に姉が最も嫌いです。
                     もしも家族皆をどうすることがなしにマスコミに公開しなければならない状況が訪ねてくるならば。
                     いっそ山の中に一人で入って,薪でも割っているでしょう(笑い).



                     -映画の話に入ってみます。 ‘戦友分’という巨額の製作費が投入された韓国型ブロックバスターです。
                     主演として負担感はないですか?

                     最善を尽くして演技すればそれだけだろう。 率直に負担感はないです。 撮影が終われば次の作品を準備するのに
                     忙しくて,そのような考えは全く忘れたりします。 もちろん私の出演作に製作費を当てた投資家に損害を及ぼしては
                     いけないという考えは常にします。 最も気に障る時が収益が出なかったという話を聞く時です。

                     -演技を運命または天職で接近する俳優がいるかと思えば 職業でありことで対する俳優もいます。
                     話を聞いて見たら後者に属するようですね。

                     そのとおりですよ。 よく見ました。 演技を運命であり天職と感じる程優れた才能があると考えないですから。
                     引き受けたことであるから熱心にして最高の成果を上げようというのが普段信条です。 毎作品ごとに少しずつ
                     発展した姿をお見せしたいだろう。 一度に成長したい考えは全くないです。 それ相応の能力もないよ。

                     -今回の作品ではワイアーアクションが多くて困りきったという話を聞きました。

                     -撮影分量の半分は土地に足を踏んで演技をした。 半分はワイアーにしがみついている状態で演技した程
                     ワイアーアクションの分量が多かったです。 撮影が始まって一ヶ月ぐらい過ぎるからワイアーに少しずつ
                     適応したのです。 腰と股にかたい肉が打ち込まれ始めてです。

                     -私たちに‘戦友分’という苦戦の主人公でたくさんなじみます。 カン・ドンウォンだけの‘戦友分’という何が違いましょうか?

                     道術を楽しんで使って茶目っ気があふれるという点は原作と似ているが。 映画の中の‘戦友分’という
                     新しく作られたキャラクターに違いません。 ‘戦友分’があまりにも愉快なキャラクターだと見ると。
                     演技して出ても楽しみが長続きしました。 ‘私たちの幸せな時間’のように悲しいキャラクターを演技すれば
                     余韻が長引くほうなんだけど。 ‘戦友分’とは大いに違いましたよ。

                     -演技ならば,一見識がある俳優らがたくさん出演します。 呼吸は当然良かったでしょう?

                     そうですね。 ペク・ユンシク先生とソン・ヨンチャン先生をはじめとして,本当にすごい方々が集まりましたよ。
                     撮影会場のムードメーカーは断然‘新鮮’役のキム・サンホ先輩と‘チョレン役のユ・ヘジン先輩であったし。
                     ソン先生も最初からコーヒーメーカーを持ってきて,スタッフ皆に自らコーヒーを下ろされるなど
                     和気あいあいとした雰囲気にかなり一役買われました。

                     -先輩らから演技に関する助言をしばしば聞くほうなのですか?

                     それが本当におもしろいです。 演技が上手な先輩らであるほどまあまあでは他人の演技に口出しをしません。
                     このようにしろ、 あのようにしろと話をしませんよ。 代わりにいつもアイディアは投げかけましょう。
                     私一人で自ら悟れるように見守られるというとしましょうか。

                     -年末に色々な話題作らが開封されます。 観客らに望む点があるの。

                     ウン...。 ひとまず‘戦友分’が興行がうまくいったらと思ってよ。 さっきも申し上げたように投資家らに
                     楽しみを抱かれて差し上げたらと思います(笑い). そして‘戦友分’を通じて,韓国でもファンタジージャンルの映画が
                     しばしば作られるよう願います。 個人的には観客らから‘前作より少し発展したんだな’
                     という評価を受けることを望みます。 それが全部でしょう。

                     -次期作日程が気になります。

                     ソン・ガンホ先輩との‘義兄弟’が多分来年初めに開封されるでしょう。
                     とても楽しくておもしろくとった映画だから期待しても良いとしたいです。
                     撮影期間にソング先輩とあまりにも酒をしばしば飲んで記憶に残るようです。








                     やはりチョレンはかわいいムードメーカーだったのね 
                     しかし 語れば語るほどドンウォンくんはクールですね 人格侵し難し という言葉がしっくりきます 阿諛追従が大嫌い
                     あの美貌でこの性格 結婚はしないほうがいいぞっ わたしの願いだわ~~~高潔なままでいて欲しい~~
                     って なにさ 結婚が汚れとでも?はい・・・・美しいい高嶺の花でいつまでもいて欲しいと願うのはわたしだけでしょうか
                     子供とか抱いてるドンウォンくんなんか見たくもないよっ プラモとか生涯いじっててよ~~~

                     レンアイはビニたんにお任せしときましょ?ね?ドンウォンくん あなたには高等遊民がよく似合う
[PR]
by tanasukimaa | 2009-12-11 14:41 | ドンウォン君
<< サンファジョム日本版予告 義兄弟予告編あんどポスター >>