あ~~よかった~~


              今日は久しぶりのドンウォンくん 今まで読んでくださっていた方は皆さん撤退していると思われますので
              これはひとり言 はは ここでもジュンギくんにつながっていたいのかっ

              コス君との共演の次回映画”エスパー”での とんでもないニュースで一瞬フリーズしてしまったのは
              今週の火曜日 ドンウォンくん一筋のペンたちは泣いたでしょうね わたしもイヤ イヤって言ったら
              失礼なんですけど 心底嫌でした あのドンウォンくんがこともあろうに ベッドシーンを演じる なんてっ
              ありえないでしょ?そんな脚本だったら絶対オファーの段階で断るに違いないもんっ キスシーンだって
              嫌がってるのにーーーーーーーーーーーーーーーーでも 今回の両方の映画での成功1200万人動員の快挙に
              「なんでもあり」な気持ちになったのかな とチラッとかすめるドンウォンくんの演技への大望
              「イマノボクニダッタラデキナイコトハナニモナイ カモ」

              ホントは記事見た瞬間にブログで叫んじゃいたくなったんですが なにせ他をほったらかしにしてのイジュンギ三昧
              あんまりにも態度悪くね?と気持ちを押さえ込んでおりました しかし このニュースは誤報だったようで
              なんなのよーーーーー人心壊乱罪で書き込んだ記者はぺしぺしの刑<ーどんな刑?に値するぞーーーーー
              まあ 一安心です だいたい


c0095847_1456622.jpg


              こんな人を単純にいくらストーリー展開の上で必要だから(そんな陳腐な世界観は捨ててしまえっ)って
              安直なベッドシーンを持ってくるなんて作品に何の尊厳もないに決まってるっ<ーミアネヨーーーーー
              だってそうじゃないですか 誰でも考えうる 曰く 「美しき超能力者とのかなえられない愛」とかいって
              ああなってこうなってそうなるーーみたいなパターン こんなのドンウォンくんが選ぶはずがないわよね


              インソンくんはその悲劇性に走ってしまって こちらは複雑な心境 何度か観ているうちにだんだんと
              本質がつかめかけてきているような気はしますが やはりネックは王妃とのシーンです


              ドンウォンくんのようなキャラクターはとても異質で どどのつまりの表現としては「この世ならぬ異形者」
              顔が美しい 長身姿が美しい 個性的 など俳優としての賞賛の仕方は様々ですが MIXされた存在としては
              ここまでの人間はいないと思います インソンくんは同じカテゴリーに入るべき逸材ですが
              神秘性としては及ばない 生きながら違う次元を現す こういう稀有な存在なんですから 普通のシナリオで
              つまらない色にして欲しくない ドンウォンくんはどう思っているかわからないけど 「チョンウチ」でも
              「義兄弟」でも こうした透明でありながら表層の下が窺い知れないという不健全なドンウォンカラーは顕在な
              ような気がしました 曖昧模糊とした魅力 比類ない透明でありながら混沌とした本性を見せない
              不思議な雰囲気は決して失われないし 失って というか自ら放り出して欲しくはないです

              わたしが思う神秘性は 女性の処女性には置き換えられません そんな生々しくはないし
              安直でもない ドンウォンくんの奥底に潜む神秘は魔性だったりあらゆる元素だったり ただ流れてくる涙
              であったり 蜃気楼 草陰に潜む獣の目であったりする 思いがけない衝動や打ち震えざるを得ない恐ろしいまでの
              感動 そんな領域にいるのです このように神格されてはドンウォンくんははなはだ迷惑でしょうし
              象徴的なことよりももっとボクの演技を観て欲しい と思うでしょ でも それだけ稀少であり
              プリミティブなところに存在しているんです 


              たぶんどんな役を演じても 「カンドンウォン」の元なるものはこわされないとは思いますが
              それでも できるだけ mysteriouslな存在でいて欲しいです そういう演技は他の俳優さんに任せて
              あなたはあなたにしかできない役を演じることができるのだから イビョンホンさんの役はドンウォンくんにも
              できるけど ドンウォンくんの役はビョンホンしには絶対できないのよ でもなぜビョンホンし?ふふ それは内緒 って・・・


              いつかは越えなきゃならない壁 なんてないと思う 別にベッドシーンをしたからといってどれほど
              成長するんだろ?って思っちゃう 置き換え可能なシーンだし もっと切ない演出だってできると思うし
              ストーリー上「必要」と 観客の「必要」はまた別 必然性があるならというけど 単にそういう
              描写ばかりじゃなんか映画としての読み方が甘い気がします R指定狙うなら別だけど そうなると
              イルボンアジュマは引いちゃうんだからねっ そういうのはビョンホンしに<ーだから なんで?
              もちろん そんな演技をたくさんしたところで何にも気にならないからよ~~~~~~~

              あーーーすっきりした インソンくんやチュジフン君でさんざん悲しくなりましたからね
              ここへきてドンウォンくんが汚されてでもしたら わたしはもう韓流やめるっ そんな「変わった自分を
              観てください」なんて絶対シロッ 


              イミョンセ監督が大事にしたドンウォンくんはそういうミステリアスな存在だったんだろうけど
              結局 そういう目線が韓国の方には受け入れられなくて失敗しちゃったけど 反対に日本人の感性へは
              訴えたといえないでしょうか 流れるような映像に茫漠としたとらえどころのない主人公が美しすぎて
              なんて 日本人の中にある桜が散り乱れるような叙情性に合致した 


              純朴な青年 薄幸の美青年 儚い美刺客 狂いだす理性 そしてチョンウチ ジウォン(だったっけ?)
              次回作の超能力者 ほーーーーーーほほほ 生活感なんてドンウォンくんには無用なものなのよ~~
  

 

              ドンウォンくんの演技と美の軌跡 みたいな記事がありました よければ翻訳機にかけて読んでね
              これよっ ってな感じです ドンちゃんの顔をクリックして~~~


c0095847_168324.jpg

[PR]
by tanasukimaa | 2010-03-19 16:57 | ドンウォン君
<< ノーギャラとは!! 雪〜〜 >>