『カメリア』

                         ぎょみぇんにゃざいーーーーーーーー ← 頭使用不可に?ごめんなさいって言ってる?

c0095847_14175490.jpg



                         疾走するドンウォンくん アニャ J ジェイーーーーーーJ はジャパンのJ J は


                         Jab


                         のJ 


                         で すっかりJに突かれてしまいましたーーーーーーーーーーーーーーーノックアウト



                         はあはあ 置き土産がこんなにすごい時限爆弾だったとは 内容はさておき ドンウォンくんはドンウォンくんが

                         ドンウォンくん あなた本当に人間?

                         と 問いたくなりました あまりに非現実的な姿なので 見慣れているようでもわたしったら実はドンウォン初級者だったんじゃね?
                         と これも自問自答しました ついていけない変幻 追随を許さない 美を黒く塗りつぶすほどに輝きを増す事の異端さ




                               






                         何時でもそうだけどなんでこんなに破壊者なのかねえ 

                         わたしカメリアあえて封印してきたんです もちろんその理由は明確 ソンヘギョさんが好きじゃないことこのうえない
                         ベビーフェイスで色白でそのうえ巨乳でと なんだかいいんですが どうしてもダメなものはダメでして
                         だからドンウォンくんが相手であろうともきっと無理 だと思ってスルーしてきましたが
                         22日に公開して なんだかネタ拾いしているうちに へギョさんに負けてこれを観なくていいのかっ!
                         シロヘギョ力は チョワドン力よりも勝るのかっ そんな弱腰でカンドンウォンを好きだなんて言っていいのかっ

                         チケットもPCで簡単に取れちゃったので昨日の朝一で 久しぶりに通勤通学ラッシュにもまれ行って観たら・・・・


                         世捨て人になってしまった 


                         明るい明るい果てなく青い秋空の下 季節を全く無視した服装の初老のオンナがひとり なんだか笑っているのはたまた泣いているのか

                         この世は 真実?それとも バーチャル?わたしの存在あなたの存在 秋天高く馬肥ゆる・・わたしも肥えた なので馬?

                         あそこのテレビジョンでは日本髪のオンナが「強力ワカモト」と言って錠剤を呑んでいて・・・ああ気持ちが不安定・・


                         青い空の下新宿の人ごみの中で
   
                         虚無ってしまいました~~~~~~~~~

                         あはは~~~アタシってばなんてお手軽なんでしょう たった1200円で虚無僧に←ばか 





c0095847_1521387.jpg



                         いや~~~ん ヌンじゃないのよ~~~ と思ってはいけません ジェイです




                         この映画館 新宿バルト9 映像も音響も素晴らしくクリアなデジタル
                         古い人間のわたしには レコードかCDか みたいな世界になってますけど 映画館の一番の魅力は振動するような音響ですよね




                         行定監督はひたすら真面目って作品で 日本人の情緒たっぷり わたしは「カモメ」←おいおい歌うんじゃないぞっ
                         わかってるわっ 「カモメ」って即ジャンリュックゴダールを連想しちゃうけど クロサワオマージュなんですね

                         タイの監督作品は 実はひじょーーーーーーーーーにわたしにはツボな内容でした なんせわたし「アタックナンバーハーフ」の大ファンで
                         こういう展開は大好き でも今タイ 大変ですよねえ わたし今年8月アユタヤに旅行したばかりで
                         その時はスコールが上がったりまた降ったりで でもそういう国なんだものねと気にはしてませんでした
                         しっかり晴れてもいましたし でも ニュースで見る限りじゃ本当に彼の地は「微笑みの国」なんだなあと思います
                         大変なのに平気そうでけなげです 



                         で ドンウォンくんですが ネタバレしようがしまいがとにかく映像ありきな映画なので説明不要
                         「トータルリコール」とか「マトリックス」とか「ブレードランナー」とか
                         ある意味オンマに記憶を寧曲げられたかわいそうなミニョンさん@「冬ソナ」←あほうっ
                         なんかにも共通する 意識の抜き取りもの
                         その なにか もやもやする 手から滑り落ちる確信の持てなさ 反して その確固たる形の朧な手応えに
                         翻弄され逆上しますます我を失ってバイオレンスになり 愛を手にする瞬間までの形而下形而上的釜山の細道
                         って感じでしょうか← まじめにやれっ ミアネヨ





                         とにかくドンウォンくんが美しい 伝説の「新木場」サイン会 わたし実体は知りませんが その当時ドンちゃんにハマった方は
                         ド級でこのジェイに心を奪われること間違いなし オモッ?そんなこと言われたくない?ですよねえ

                         ところでヘギョさんは?ああ やはりどうでもよかった ドンウォンくんがあのメイクなら彼女の負けは当たり前でしょう~

                         失礼な発言満載でミアネヨ~~~~なんせ今 頭が異次元になっちゃってますからーーー







                         ああ ドンウォンくんも手放せないアレキサンドライトだわ~~~~~~~
                         Jellでこんなの載ってました 翻訳のまま全文のせますね


053.gif    053.gif

サカグチ・サユリ氏とフリーランサー映画記者なのに日本プロモーションの時坊ちゃん取材したことも何度かあるようです。
カメリア日本パンフレットにのせられた文がとてもおもしろくて紹介します。
解釈はいつもそのように私が熱心にしますふふふ

-------------------------------------------------------------------------文の題名は[キム・ミンジュン、ソル・キョング、カン・ドンウォン-愛に陥ってしまう程魅惑的な3人の韓流スターら]

-興奮することになったのは3番目映画関係者'ラブ フォーセール'が始まった時だ。
まだ2番目映画関係者'カモ担いで'の余韻に沈んでいた私は突然聞こえてきた男のナレーションに思い切り反応してしまった。
"オ? マア? これひょっとしてカン・ドンウォン声なの?"今年7月封切りした'戦友分施工図社'以後ではしばらくカン・ドンウォンの姿をスクリーンで見ることができないと思っていたが'カメリア'での彼の登場はうれしい誤算だった。

事実韓流スター中で私が最も好む人がすぐにカン・ドンウォンだ。
ハンサム韓流スターが多いが彼が作り出す雰囲気には独特さがある。
実際に会った時、横に遠い先を見る目に黒い瞳で日眺めれば... どしんと!!! 死直前.

容貌は抜群で、話しながら釜山(プサン)なまりを隠そうとしない自然だ。
それにもかかわらず照れるその姿もまた、女心を刺激する。
その上誠実さ、丁重だ。 部屋を出て行く時まで丁重に礼を尽くしたその姿を忘れることはできない。

カン・ドンウォンの出演作はもう完全に映画が中心だ。 '義兄弟'のプロモーションでインタビューした時も"ドラマはメロー要素が入っている韓、しないことのようです"と話した。
だが、女性たち(私含む)が見るにはその美しい姿をやはりメロー物でも見たいだろう。
そのようなファンたちは必ず'ラブ フォーセール'を見るのを。
ただし私が女主人公でない、美しい青年(=動員)との愛のためにその記憶を買おうとするおばさんに重なった時は内心複雑だったが...

動員のベスト シーンは愛する人との思い出を振り返ってみて彼が涙を流す場面だ。
良い男のために泣くことになれば胸が詰まって感じでよく聞こえなくなる。

----------------------------------------------------

^^良い文ありがとうございます。

日本記者たち取材後期でも坊ちゃん本当に優しくて礼儀正しいという話終始一貫していますね。
この方がその方なのか? 前にオオカミの誘惑日本プロモーションの時後期思い出して一緒に上げます。
本当に...坊ちゃんは〓〓〓〓





-----------------------------------------------------スタッフのために椅子を確保~

'オオカミの誘惑'で日本にきた時、取材前日要人&出会いがイソンヌンデボクトにものすごく背高くてほっそりしている男が...その人がカン・ドンウォンだった。

私たちに頭を下げて"こちらにきて下さい"とその自らが部屋に案内した。
かなり多くの人員の出会いであって椅子が不足して広報プロデューサーと私は立って話をしようとしたところ、カン・ドンウォンがなくなった。

何と、私たちの椅子を探しに行ってきたことだった。
心臓がさく烈してしまった。


054.gif   054.gif   054.gif







わたしも 炸裂しちゃってます~~~~~ 誰か助けてぇぇ~~~~~~
[PR]
by tanasukimaa | 2011-10-28 16:26 | ドンウォン君
<< あれこれ ステーキハウスCFメイキング >>