G PROJECT MAKING NOTE

                                      

c0095847_13323123.jpg




                                      お借りしてきました 翻訳機でのままのせますので ??な部分もありますが 画像を知ってますのでそこは想像し放題~




                                      G PROJECT MAKING NOTE


                                      カン·ドンウォンと過ごした二回の昼と2回の夜


                                      11月12日に召集解除を控えたカン·ドンウォンは特別な画報を企画した。
                                      一般的なファッション画報ではなく、映画を撮るように演技する姿を写真集に込めたいとした。グラビアの動画版も同時に撮影することにした。
                                      "カン·ドンウォンプロジェクト"を実現させるために、イ·ミョンセ監督と前号の写真家が意気投合した。
                                      イ·ミョンセ監督はカン·ドンウォンと <刑事Duelist>を一緒に撮った間であり、
                                      前号の作家もカン·ドンウォンと何度も画報作業をしてきた。舞台照明チームなど40人余りのスタッフが組まれた。
                                      グラビア撮影は11月20日と21日、京畿道光州の大型スタジオで二日間進行された。
                                      去る12月6日に発刊されたハイカットのカン·ドンウォンカムバック画報の制作裏話を集めた。



c0095847_13482326.jpg


                                      DAY1 2年ぶりの撮影スタート

                                      "2年ぶりに食べてみる撮影現場ご飯ですね。"レストランにドレスおいた簡易ビュッフェを見ながらカン·ドンウォンが言った。
                                      11月20日正午。 2時間目のセットの準備をする中で昼食が調った。カン·ドンウォンとスタッフ皆写真集の撮影を控えて心強く倍を満たした。
                                      最初の撮影はビニールカーテンの後ろのカン·ドンウォンが幽霊のようにの場面である。
                                      いきなりハイカットイヒソン記者がイ·ミョンセ監督の招きを受けて、補助出演者に抜擢された。
                                      最初はカン·ドンウォンに面して立っている限り、される役割だったが、だんだん監督の注文が多くなった。後退を
                                      途中尻餅をしたらさらにカン·ドンウォンの首までゾルゲた。(ある者は後日、
                                      "もう少し熱演なければならなかっするカン·ドンウォンの前だととても震えた "と回顧した。)
                                      第二神カン·ドンウォンが電灯の前で倒れた後、カメラの前まで
                                      ギアの場面。 "訓練所で学んだ這うじゃない。高いクリープにギアたらいいのに?"(イ·ミョンセ監督)
                                      電灯を超えトリル時とても情熱的に床に倒れたようだ。マットレスもない床と痛いのに。
                                      膝サポーターはなくてもなるとしていたカン·ドンウォンが第二ころびた後、ガードを探す。
                                      左膝に衝撃がきたようだ。数回つまずく今度はスタンドの電球が出た。スタッフと一緒に
                                      割れたガラスの破片が落ちていないか枚の目で探してみるカン·ドンウォン。三番目のシーンは首絞めるシーン。
                                      照明の色を調整していた監督。突然ガトドゥンを探す。カン·ドンウォンの頭の上にガトドゥンをつけて振ると、さっきよりも
                                      はるかにミステリーな雰囲気が演出された。

                                      DAY1鏡よ鏡よ

                                      第四は、鏡神である。スモッグがいっぱいになった密室でカン·ドンウォンが鏡の中の自分の姿を睨む。
                                      カン·ドンウォンの背筋に乗って、霧が上がってきた。
                                      生気の女性の手のよう柔らかい。鏡を受験する目つきで忘れられた記憶のフィルム作品を探し回る時代の姿が重なる。
                                      鏡の中の自分の姿にすっかり酔った男、どこかでたくさん聞いた話だ。水に映った自分の
                                      姿に惚れ死んでいったギリシャ神話の美しい羊飼いナルシストだ。あるいは魔法の鏡を見つめて
                                      "この世の中で誰が一番美しい"と尋ねた<民姫>の中の王妃のセリフが思い浮かぶ。世界中の霞に
                                      包まれたカン·ドンウォンが腕大きく円を描くところ長豊を撃つふりをする。導師チョンウチだ。
                                      いつか<戦友分2>が早く作られたら良いだろう。カン·ドンウォンもインタビューで "<戦友分2>は必ずしたい"
                                      と明らかほど愛情が格別だ。鏡神進んだ他の神に比べて時間が長くかかった。
                                      カメラズームインの速度とタイミングが少しずつ擦れ違った。午後5時過ぎ。 "現代舞踊のようなパフォーマンスが
                                      必要なようだ "とイ·ミョンセ監督が言っていて。鏡を抱いて踊るのが見るよりも難しいようだ。
                                      事実を踊ったというより鏡の中の自分との力比べをする感じだ。 "ハァッ、鏡本物の重いです。"








                                      チョンウチ2------------------





                                      わたしももちろん 超絶期待して待ってますからーーーーーーーーーーーーーーーー




c0095847_13495663.jpg

[PR]
by tanasukimaa | 2012-12-29 13:50 | ドンウォン君
<< LOOKA CF 15s. ver 寒いですね >>