ELLE CO.KR Two Moments In Paris

                                   目に青葉 山不如帰 カンドンウォン

                                   おーーーほほほ←ばか 季節ごとにカンドンウォンを入れましょう~~~いつでも旬!(おぐり ではないのだっ)
                                   ドンウォンくんをまた ELLEが紹介してくれましたのでそのままのせます こちら
                                   冬もいいけど そろそろシャツ姿 なんてのも見たいわね



                                   Two Moments In Paris

                                   ある日、 'カン·ドンウォン'がパリに去った理由
 
                                   エディスルリモンの熱烈なファンでもあるカン·ドンウォン。
                                   サンローランの最初のメンズウェアのコレクションとアルバアルバ話題とルーカスオーセンティックドライバーの
                                   2013 F / Wランバンメンショーに参加し、次のシーズンルックを一つ一つ見ながら、
                                   自分の内面を埋めているファッションへの情熱を引き出し、感覚を日覚醒させた。


c0095847_13372621.jpg


                                   SAINT LAURENT
                                   'Y'のロゴをはずしてしまったエディスルリモンのサンローラン2013 F / Wの最初のメンズコレクションが
                                   開かれた去る1月20日。 2013 S / Sにはすでに本格的にメンズウェアを開始したメンズウェアショーでは、
                                   今回のF / Wは、エディの最初のショーだけに、世界のファッションインサイダーの関心と取材熱気でショーが開催されるグラン·パレは、
                                   過飽和状態だった。アジアセレブでは唯一招待されたカン·ドンウォンの目には
                                   緊張と興奮が漂っていた。ソウルで荷物梱包時からのショーにどんな服を着ていくかとても悩んだ末、彼だった。
                                   パリに到着し、ショー前日の夜も彼の苦心は続くようだった。彼が熱心に崇めてやまないデザイナーエディスルリモンの番組だからこそ、
                                   気を尖らせた。結局、彼の最終的な選択は、エディスルリモンのサンローランルックはなかったが、
                                   エディスルリモンのアーカイブで非常に重要な時代でもあったディオールオムクリエイティブディレクター時代の彼が製作した
                                   カラフルなビーズ装飾グレー色のジャケットに指名。

                                   ショー場に入るとすぐに、すでに入り口から彼を知って見て、日本をはじめアジアプレスのみならず、
                                   ヨーロッパプレスの写真家たちまで彼に向かってシャッター洗礼を注ぎ込んだ。
                                   いよいよサンローランの歴史に記念碑的なメンズウェアの最初のショーが始まると、
                                   ファッション界のロッカーエディスルリモンダウンロード、
                                   耳を詰ったようにする強烈なビートの音楽パフォーマンスが一座の耳と胸を先に魅了した。




c0095847_13401048.jpg


                                   LANVIN men
                                   パリメンズコレクション期間中にパリに気象異変が起こった。
                                   降りしきる雪、普段降らないパリに大雪が降ったこと。そしてランバンのショーがあったこの日の朝は、
                                   車が通う力の冬くらいの大雪で市内は交通大戦争が起こった。
                                   カン·ドンウォンは個人的には7年ぶりのパリ行だったので、パリのこの風景も見慣れないカメラに収めたい魅力的な風景でもあった。
                                   ひんやりした天気だったので、ランバンメンの肉厚でパクしたコートを着て出てくることもしたとリムジンから降りた彼は
                                   ランバンオムコレクションの章に入って用意されたホットコーヒー一杯の余裕とランバンのエスコートを受けながら
                                   フロントにに座ってじっくりとショーの開始を待っていた。

                                   あちこち降り注ぐフラッシュ洗礼に彼は時々内気な白くて清く笑いを作って見せた。
                                   自然光が微かに染みるショー場でランバンメンをリードしている二人の首長であるアルバ·エル·バズとルーカスオーセンティックドライバーが
                                   繰り広げるF / Wコレクションが開かれた。

                                   10年以上前。かつてモデルとしてキャットウォークを支配したが、今は舞台を離れてスクリーン上の両方を魅了する
                                   全く別の道を歩いている彼にとってコレクションの舞台とはどんなのだろうか。
                                   モデルのウォーキングを眺める彼の視線はどこか特別な光が擦れていた。
                                   そして、ルック一つ一つ逃さないかのようにモデルがかけた服の細かなディテールにまで目が続いた。











                                   あちこち降り注ぐフラッシュ洗礼に彼は時々内気な白くて清く笑いを作って見せた。



c0095847_1355362.jpg
c0095847_13555742.jpg



                                   こんなかなぁ?






                                   おーーーっと エディターさん だまされちゃいけないよっ 

                                   しおらしい シャイで気弱な美形 アジアの典型的奥ゆかしさ はんなり

                                   なんて思ってると かみつかれますからねっ ドンウォンくんは外面如菩薩内心如夜叉なんですから~~~←うそっ


                                   いえ アグレッシブなのはほんとだよね?生き方 考え方は
[PR]
by tanasukimaa | 2013-05-13 14:03 | ドンウォン君
致命的な♥無礼化― カンドンウォン >>