デュエリスト


c0095847_1357778.jpg


レンタルしてきて観ました「デュエリスト」 
観た人の7,8割方がNOを突きつけるという映画ですからね かなり激しく批判されちゃって
でもわたしは大好きですよ~
田代親世さんの「韓流ナウ。」で ドンウォンくんが取り上げられて 好意的な批評がされていたのでうれしかった

韓流ナウ。 

嫌われるところ わかるんだよね~スローモーションの多用 これは結構きつい わたしも何度たいがいにしろーと思ったことか

イミョンセ監督の実験室的な演出はこの場合受けない方向へ流れてしまったわ でもそんなこと意に介さない強い意志が感じられる
監督としてはあらすじなどどうでもいいことで 知りたかったらシノプシスでも読んでね
でも多くの人は「茶母」みたんだろうからわかってるんでしょみたいな印象を受けます
唯我独尊映画 それはそれで正しい

もうちょっとテンポが速ければという意見もたくさん読みました 監督の演出下手とも言われるゆえんのスローな展開
でもこれを二人の心の時間に置き換え 1秒という時間がこれほど圧縮されたものだという見方をすればそれは乗り越えられるんじゃないかなあ

わたしがいちばんダメなのは ハジウォンさんの演技 凶暴な犬じゃあるまし ことあるごとに鼻にしわを寄せ がるるるるとうなることをやめていただきたい
静謐な時間にそこだけ劣化した人間性がするりと入り込んで台無しなのよ 男手だけで育てられたという野生を出したかったんだろうけど
そのせいで はかない恋の進行に無条件ではまれません どうしてくれる( ^ ^ ; )

この映画は
ひたすら「かなしい目」のドンウォンくんをぼーっと鑑賞する映画
これでいいんですっ

冒頭でのシーンで 仮面が割れ「かなしい目」が露呈された瞬間 きゃああああって堕ちる人だけ観ればいいんです
何も無理して観るこたあないっすからね
ドンウォンくんのなんとも妖しい姿 顔 中性を通り越してもはや女の子 うつくしーほそすぎるよー
ユニセックスはドンウォンくんの強い持ち味となるでしょう そんなところが大好きだよ ドンウォンくん「オオカミの」時よりずいぶん上手になったなあって思う
そして「わたしたちの幸せな時間」へと進化を続けるのね 負けるなドンちゃん批判は肥やしだ

それにしても必ず笑い それも寒い笑いを入れなきゃいけない気質には脱帽します
「夏草やつわものどのが夢のあと」 笑いじゃないけど芭蕉先生と時代考証あっているんだろうか しかもこんなに有名?

この間 韓国の3人に1人が観たとかいう「大変な結婚」わたしにはこっちのほうが無理っ!
ついていけません あの感覚 笑えませんっ幼稚すぎるのでは?
でも恐ろしいことに この人はだめだなあ この顔にはついていけないと思っていたチョンジュノssi
なんと イケメンだーなことになっちゃって大変なことに( ^ ^;;)
[PR]
by tanasukimaa | 2007-03-20 15:40 | ドンウォン君
<< なんっにもない 情報が遅い あくまで遅いわたし >>