VS


               さーーーーー今を盛りのいい男 そんじょそこらにうじゃうじゃいらーね
               そこのアニさん あっちのにいさん どこの組にもひとりはいるってイケメンだ おっと勘違いも とっちがえもあるってことは
               先刻承知のがってんのすけ そんな有象無象は歯が立たないってのが このふたり
               あれえ どこの御仁でありんすかぁ そこな花魁目もくらむ ってわけだ 華も恥らうこのかんばせ
               横丁の小町娘や 錦絵に描かれた茶店の看板娘 見たさ 会いたさ 草葉のかげから覗き見る野暮天やん衆
               そんなの尻目に 立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花 とは女ばかりにゃもったいねえや
               小町娘の番付なんざ お話にならねーほどのお古さよ 今様番付 これをみなけりゃ愚の骨頂
               日出処の代表と 日没する処の選ばれし 死ぬほど好きよと焦がれても はいなそうなと添われはしねえ
               とんだ高びな高嶺の花よ 主様のためなら千両万両 金が全ての世の中だが ここまで美貌じゃかなわない
               さて手にしたこれなるものは そこの深層浅はかに 解釈したるイカサマもの おーーーと ちげえや
               栄えあるツートップ まぬけに語った袋とじ 開けてびっくり 読んでひゃっくり どっちにしても見なきゃ
               読まなきゃ その阿呆ぶりはわからねーってことさねーーーさーーーどうだどうだたったの1文
               もってけどろぼーーーーーー




               異国間イケメン勝負


               「今日はよろしくお願いします」
               「こちらこそ まったく 妙な じゃなく 興味を惹かれる対決でありますね~どうですかこのふたり
               「あーーーちょっといいですか なんでキムタクなの?
               「いきなり大声出さないでくださいよ~日本代表っていったらキムタクしかないのが今の日本の現状でしょう」
               「それはわかってはいるんですが一応騒いでおかなきゃ わたしとしてはこの対戦相手玉木宏がいいんじゃないかと」
               「あ~~今が旬の なるほど~年齢的にも 身体的にも共通項がありますしねえ」
               「そうですっ(机を叩く)キムタクは並べてみたらどうなっちゃうか危ぶまれますし 年齢的にも少し葦が立ってるというか」
               「しかしまあ 腐ってもキムタクですから (編集から注意) ああ 失礼でも この選択はしかたないんじゃないでしょうかね」
               「玉木くんのほうがCMとか多いし どうしても インソンとかぶりますよ~~~」
               「はっ?インソンって 対戦相手はドンウォンなんですが 解ってらっしゃいますか?」

               (編集 どうでもいいから早く始めろっ


c0095847_15572974.jpg

               黒ジャケ どっちがお似合い?

               「またふざけた(イエローカード) ははっ このタイプは誰でも着こなせてその実とんでもない間違いも伴うという」
               「おっしゃるとおりです これは全身像が欲しいところ 上半身だけでは誰でもそこそこ見れますからね」
               「表参道あたりでこの写真見せたら日本人だけにキムタクに軍配が上がりそうですね 韓国ではどうでしょう」
               「この間の釜山でも人気 侮れないものがありました でも生キムタク SPに囲まれ やや?どこってなりませんでしたかね」
               「う~ん韓国の俳優陣は身体的に恵まれててどんな人でもでかいっていうのが通常ですからね」
               「だから玉木くんを・・・・・」
               (編集 まじめにやってくださいっ!どうしてどうでもいいことばかり)

               次

c0095847_16344182.jpg

               おかっぱ 許せるのはどっち?


               「ドンウォンドンウォンドンウォンーー
               「(耳を押さえる) わたしも同感ですね~~~ただ両者とも 眼病を発症しないかと 老婆心ながら」
               「このキムタク いつなんでしょうね 厚いじゃないですか~こんなに濃い時期もあったんですね」
               「この髪型だととりわけイケメンじゃなくてもいいってことにもなりかねませんね~」
               「(ムカッ)どうしてそう短絡的なんですかっ髪で顔がかくれりゃ判らない どころか不細工だったらとんだことになります」
               「とおっしゃると?」
               「余計怖いじゃないですか すすーーーーーっと髪が両側に別れ その中に浮かび上がるもの・・・・」
               「別に怖かないですけど ただこのふたり 唇のうすい厚いが際立っていますよ~コンヒョジンは厚い唇が好きだそうだから」
               「わたしは誰がなにを言おうとドンウォンですっ!でもキムタクの唇開けも閉じも半端な感じ」
               「目が隠れているので 唇で勝負に出た そういう見方 できますね この開け方」



c0095847_16473560.jpg

               寝姿 色っぽいのは?

               「どうしました?速攻ドンウォンじゃないんですか?」
               「ええ・・・・・・・結構色っぽいじゃないですかキムタク さすが(編集にダメだしの笛を鳴らされる)」
               「しかし 寝姿には定評のあるドンウォン 負けを認めるんですか?」
               「いややはりドンウォンです あーーーあの写真だったら一発KOだったのになあ」
               「そうですね これで負けてるところは視線ですね ドンウォンがそらせるのに対し挑むように見つめるキムタク」
               「ドンウォンこっちを見るのよっ!負けたくないでしょうがっ!そーらそらそら はーーい ここでちゅよ~~~」
               「(ドン引き) あの~写真で動いたらそれこそ心霊なんですけど~~~」
               「はっそうでした 今回はドローということにさせていただいても?」
               「結構ですね}



c0095847_16563488.jpg

               ムフフフフ

               「きゃードンウォナー終いにゃ血ぃみるどーー
               「(どんどん引き) なんなんですそりゃあ でも挑発的ですねえ どちらも華奢かと思いきやどうしてどうして」
               「なんだかキムタクが「北斗の拳」に見えるのは わたしの老眼のせいでしょうか」
               「あごのラインが連想させるんじゃ?このドンウォン たまらないですね~~~腕のラインが好みです」
               「はあ~どうしてこんなに色っぽくて悪っぽいのかしらねドンウォンは それにやっぱりドンウォンのほうが痩せてる」
               「シャツのなかに入れた手 なんともいい具合です これが下のほうだったら クスッ」
               「きゃあ それってビョンドウネタじゃないですか~~~わたしとしては騒ぐほど衝撃的でもなかったんですがね」
               「わたしはラストのほうがなんだかやりきれなくて」
               「そうそう あんな目にあって あんなふうにされて あんなことになっちゃうなんてねえ」

               やる気をなくしたふたりは もうどうでもいい話ばかりに熱中やはり対戦相手がキムタクだからであろうか
               このだらけぐあい 編集室もいい加減な人を選んだものである

               気になる決着は?そんなこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by tanasukimaa | 2007-11-19 17:45 | ドンウォン君
<< トレジュール 新CF トレジュール  >>