わたしたちの幸せな時間


                    でしたね~~~9月最後の週末は
                    いつも思うことですが こういったイベントでのペンの皆さんのフットワークのよさ 情報収集能力の高さ
                    すごっ!っとわたしは驚くのです ああ わたしって本当に努力のないオンナだと かなり 後悔なんてしない
                    は イハンくんの映画のタイトルでしょうがっ あなたは後悔反省自己改革をなさいっ
                    ドンウォンくんのブログを5つほど読ませていただいてるんですが なんと全員参加してるんですよ
                    なんかねえ やんなっちゃう

                    名古屋は1600人だったんですか~←いまさらっ NUMEROの服を着ていたとか 移動の時は
                    濃いのはシネマート六本木ですよね~~どちらもいけなかったわたしにとってはうらやましい限りですが
                    ええっと そういうことで←態度ワルッ!わたしも 初入り待ちというものをしました かぞえてみたら
                    拝ませていただいた時間 9秒っ とナベアツでしたら壊れる数字です

c0095847_1254835.jpg


                    この下で途中までkeroさんたちとごいっしょできたので時間が短く感じられてよかったんですが
                    別れてからというもの周りのドンペンたちのあまりのバイタリティ溢れる存在にちょっと疲れてしまった
                    人数が多すぎて 館内IN組とOUT組に分かれたんです わたし外組み
                    こう見えてわたし人見知りすごくするし 土曜日もそうでしたがどんどん列からはじかれまして
                    やはり最後列になってしまったという気の弱い人なんです まあいいんですけどね いつものことだし
                    とはいうものの レッドカーペット は引いてないですが まで2メートルもない近距離 
                    背の低い強面のSPさんが 嚇すわ嚇すわ 二言目には「解散」 とくれば総選挙かっ 「退場」 「見送りなし」
                    とことあるごとに叱咤するんです でも道を作るため赤い幅広ロープが座って待っているペンたちに不評で
                    ちょうど目の高さにあるらしいので すぐトラロープに変えてくれるというやさしさもちらり
                    でも 「みえないなんていわないっ」「足が痛いっていいわない」「そういう人はお帰り」 など面白いんだか
                    怖いんだか

                    さて ドンウォンくんですっ ああっ見たっ わたしもっ 歩いてるっ わらってるっ 手を振ってるっしかも両手っ

                    この間 9歩 スタンスが広ッ 速度早っ です 登場されたお時間は11時30分 この1時間以上前に
                    監督イミョンセしが入場されてて ドンウォンくんのほうが重役ですね

                    最初「んん?」みたいな表情が ぱあっと明るくなってあのドンウォンくん独特のスマイルに変わって
                    こちらに体向けて大きく手を振ってくれたんです のち館内へ もちろん狂乱の歓声がきこえてきす
                    エレベーターの前でも手を振ってて なんてかっこいいんだ そうですね 生ドンちゃんは「かっこいいっ」
                    しかでなかった インソンくんってやっぱりかっこいいけど生で見ても「かわいいっ」って叫びたくなっちゃうキャラ
                    今回は ひたすらため息と なんてかっこいいんだとしか思えなかった ほんとに細くて黒いニットの帽子から見える小さい顔
                    がっ笑ってるのよーーーーあんなに黒装束←へんっが似合う人もいないっ 真に似合っていました

                    たった9秒でこんなに長々しかも無内容 書いちゃってごめんなさい~~~あまりのうれしさに文章も変です

                    と わたしのドン体験はここでお終いですが 行かれた皆さんは大興奮でしょうね わかりすぎますっ


                    ちょっと前にシネマートの記事読みました 時間は何分ぐらいだったのかしら のっている内容が全部なら
                    そんなに長くはないのかな 


                    いいなあ~~~~生でウエーブが見たかった なんで隠すのよーーーーーー中で髪洗ったわけじゃないでしょう?

c0095847_13351948.jpg


                    文字でしか見てないのでどんな表情でしゃべっていたのか たぶん照れ笑いしながらだろうけど
                    ドンウォンくんの性格がにじみ出るどころか氾濫しているようにも取れちゃうのはわたしだけかな?わたしも性格悪いから


                    本当に今日は有難うございました。またこのように日本に来たいと思います。
                    そうしたらまた街でお目にかかれるかもしれませんが、
                    その時には私が何をしていたかなどあまり噂しないでくださいね。

                    ドンウォンくんが釘を刺してるよ

                    「どうぞボクに近寄らないでそっとしておいてよね~~嫌なんだよ~~接近戦は それ以上近づいたら
                    噛んじゃうかもしれないよ~~」

                    噛んじゃって噛んじゃってーーーーーーーーーー←どあほう


                    いやーーーー正直者というか 社交辞令ができないというか 言う必要性を感じていないというか そんなこと
                    ばかみたいって思ってるのね~~冗談なんでしょうけど 本心のようにも取れる
                    こんな場合 イイコ代表筆頭先発を務めるインソンくんなら
                    「またお会いしたいです」の後には「よく日本にはきますので会う機会もあるかと思いますそんな時は
                    気軽にインソーーーンって呼びかけてくださいね 機嫌がいい時ならハグします 機嫌が悪いときは
                    やっぱりハグしてあげますよ~~~~」
                    などと言いそうなものです きっと言います 身についてますからねこういうこと ストレスがたまったら
                    ドンセンに でこピンしたりするんだわ きっと インソンとて人間だもの 発散しないとね 

                    それにしてもMCの田代さんいいですねえ 今年 インソン ヒョギ ドンウォンですか うまいっおいしすぎるぞっ




                    さてさて 土曜日待ち時間に教えてもらった「なんじゃこりゃ?」写真 これなんですね

c0095847_14152471.jpg


                    このふたり デキてる←ばっばかっ死にたい? いえもう少しまともにドンウォンくんにあえるまでは生きたいわ
                    アニャ うーーん 前情報があったせいかなんだかあまり気にならないわ 気になるのは
                    このふたりのいつ何時でも「この服装のギャップはなんで?」です まったく空間の空気を気にしない
                    イミョンセ監督 何度も言いますが 映像美とか求める監督なのに ドンウォン美は礼賛するのに 無頓着
                    これでいいんだろうか いいんだよ~~美は内に秘めてこそのものだから~~っあっその通りでした
                    しかし外見美が大好きというのが人情 イミョンセ監督とユハ監督ならどちらが美しいか やめっその比較




                    たしかにね~~~~どうしようもなく あらぬ想像に走らせてくれる今回のツーショット
                    ドンウォンくんがあまりにきれいな顔しているので バタフライタイが 笑いをとるのよ

c0095847_14204567.jpg


                    「スクープ 新ユニット結成かっドンミョンコンビ 美男をかなぐり捨ててお笑い界に殴りこみ」

                    「新しい僕を期待していてください」 抱負を語るカンドンウォン
                    「愛弟子と共に今までの常識を逸脱した考えるお笑いを提案したいと思っています」 意欲に燃えるイミョンセ監督

                    「美しいカンドンウォンが針のように繊細につっこむ新ネタはあまりにも衝撃的な痛さ」 
                    「ボケ担当のイミョンセ監督 あまりの痛さに時に涙さえ?」

                    「ユニット名発表 それは 『王子様と鼠監督』」←土下座してっ 土下座して謝んなさいーーーーー


                    失礼いたしました もうわたしを殴ってください・・・・・・・・・・


                    懲りないオンナです そりゃそうと この騒動にかまけてビニたんの誕生日わすれてしまった チュッカエー
[PR]
by TANASUKIMAA | 2008-09-29 15:29 | ドンウォン君
<< 「おいしい」だって~~~ M >>